ブラックキャッシング入門

-shared-img-thumb-INA99_saifuaketara1en_TP_V

過去に金融事故を起こした人を金融業界では「ブラック」と呼ぶが、そんなブラックの人でも利用できるブラックキャッシングというキャシングについてご紹介しています。

一度金融事故を起こしてしまうとその人の顧客情報は信用情報機関に保管され、「ブラック」として認識されてしまいます。その情報はどこの銀行でも消費者金融でも共有されているために、例えば口座を開設したい時や消費者金融からお金を借りたいときなどはその情報をもとに審査され、大概は「ノー」を突きつけられてしまう。そんな状況下では今まで救済処置がなく、闇金融に手を出してしまうことが多かったのです。しかしそんな人でも利用できるのがこのブラックキャッシングです。

どんな人がブラックに認定されてしまうのかというと、例えば支払い予定日に対して3ヶ月間支払いを送れた場合などはブラック認定をされてしまいます。数日であれば最初は特に影響ありませんが、例え1日延滞でもそれを何度も繰り返していればペナルティも増えていきます。
また自己破産や任意整理、特定調停などは一発でアウトです。一度陥ると大変そうというイメージだけはあると思いますが、お金を借りられないというのは相当マイナス面が多いです。カードの利用もできなくなりますし、生活の幅はぐっと狭くなってしまうでしょう。これらの金融事故情報というものはたとえペナルティ機関が終了したとしても消えることはありません。

ブラックキャッシングというものはこういったブラックの人でもきちんと審査対象として扱ってくれ、金融事故を起こしても今は返済能力がある者とみなされれば利用は可能です。審査に関しても一般の金融機関とは少し系統が異なります。大手消費者金などはシステム化された審査を行うところがほとんどでしたが、ブラックキャッシングは基本的に人間性などを重視して判断材料として審査します。また大手の審査よりも情報を詳しく尋ねたり、あるいは通常提出することのなかったような書類の提出を求められるケースが多いです。この審査の方法は各業者や店舗によって異なるので、もし気になる人がいたらホームページに調べたり事前に確認してみると良いでしょう。
近年法律の改正によって上限金利や総量規制が厳しくなったために利用者の数が減り、中小の消費者金融の多くは廃業していきました。そんな中ブラックの人にも手を差し伸べたのがこのブラックキャッシングで、闇金融に手を出して人生を崩壊させる人もぐっと少なくなりました。中には表上優良企業に見えて本体は闇金融という業者もあるので、利用の際にはきちんとリサーチして優良企業を利用するようにしましょう。

キャッシングブラックとはどんな仕組みか